アイドリングストップのバッテリー上がりの寿命(交換時期)や交換費用は?

アイドリングストップとは、燃費向上のために、信号待ちなどで停止した際にエンジンが停まるシステムです。

そして、エンジンを始動する時はバッテリーの電力を使うわけですが、バッテリーの負担はエンジンの始動時が一番電力を消耗します。

当然、バッテリーの寿命がアイドリングストップのない車よりも短くなるのではという疑問が出てきます。

そこで今回は、アイドリングストップのバッテリーの交換時期や交換費用に関して紹介します。



スポンサーリンク




アイドリングストップのバッテリーの寿命(交換時期)は?

アイドリングストップ車のバッテリーは、アイドリングストップが付いていない車と比較すると過酷な環境で使用されていることになります。

当然、同じバッテリーを使っている場合では、アイドリングストップ付きのバッテリーの寿命の方が、アイドリングストップなしの寿命よりも短くなります。

基本的にアイドリングストップ車に使用されているバッテリーは高性能のバッテリーです。

ですので、高性能のバッテリーを使用しているのであれば寿命・交換時期は基本的に3年毎ということになります。
アイドリングストップのバッテリーの寿命 交換時期

また、バッテリー上がりを心配して、

「信号待ちの状態でエンジンがかからなくなったらどうしよう?」

と不安になる方もいますが、バッテリーの容量が少ない状態では、アイドリングストップの機能が停止するようになっていますので心配不要です。

バッテリーの状態はモニターされており、バッテリーが十分充電されていない状態の時はエンジンは停まりません。
 

ちなみに、バッテリーの製造会社がテストした結果によると、一般的なバッテリーをアイドリングストップ者に搭載した場合は、寿命は20%ほどまで落ちてしまうそうです。

アイドリングストップのバッテリーの交換費用は?

アイドリングストップ車のバッテリーは他のバッテリーに比べ高価です。

また、セルモーターも性能の良い物が付いていますので、もしセルモーターを交換するようなことがあれば、アイドリングストップ機能が付いていない車よりも交換費用が高くなります。

以下の記事でバッテリーの交換費用に関して紹介していますが、ここに紹介している価格よりも2~3倍程度の金額になると考えておいてください。

軽自動車バッテリーの価格(値段)や寿命(交換時期の目安)は?

アイドリングストップ車のバッテリー交換は費用が比較的高いです。

このことから、「トータルの車の維持費を考えた時はアイドリングストップを付けないほうが良いのでは?」という考え方もあります。

実際に、アイドリングストップ車にも関わらず、アイドリングストップの機能をOFFにしている人もいます。
 

アイドリングストップシステムが付いた車を購入する時は、バッテリーの交換時期や交換費用も確認して、トータルで費用を抑えられるのかどうか判斷して購入することをおすすめします。
 

以上、今回はアイドリングストップのバッテリー上がりの寿命(交換時期)や交換費用について紹介しました。

 
 
ディーラー営業マンが教えたくないことを大暴露!!

軽自動車の新車を安く買う方法まとめ 一括査定で高く売る

>> 買い替え時に損をしない方法 <<

>> 新車を安く購入する交渉マニュアル <<

車の購入&売却はこのマニュアルを見てから!
 

スポンサーリンク


最後まで読んで頂いてありがとうございました。

もし、記事が気に入って頂けましたら下のボタンをポチッとしてシェアをお願い致します!



スポンサーリンク




5件のコメントがあります

  1. ゆう より:

    アイドルストップはメーカーの見せかけの燃費を良くする手段にすぎない。バッテリー交換費用などを考慮すればユーザーにはデメリットの方が多い。ハイテクに惑わされるユーザーがカモにされているように思える。

  2. 管理人 より:

    ゆうさん、コメントありがとうございますm(__)m

    私も同感です。アイドルストップだからといって実燃費はほとんど変わらないですし、バッテリーの交換費用は高くなってしまいますので、アイドルストップ車は。。。ですね。

  3. sumber 農道のポルシェ より:

     私もゆうさんのご意見に同感です。アイドルストップだからといって実燃費はほとんど変わらないですし、スタート時のもたつきが我慢できません。整備時の代車で経験済みで、いつもOFFにしていました。高品質のバッテリーであれば、丁寧に乗れば5年くらい持ちそうですね。アイドリングスットプするくらいなら、アクセルワークに気を使ったほうが良いと思います。

    • 管理人 より:

      sumber 農道のポルシェさん、コメントありがとうございます。

      やはり実燃費は変わらないという意見は多いですね。

      また、スタート時のもたつきも良くないですね。
      将来的には、ほとんどの車はハイブリッドや電気自動車で、走り出しはモーターというのが当たり前になるのではと個人的には思っています。

  4. ハイブリットボーイ より:

    アイドリングストップで多少燃費が良くなっても、車の購入代金やバッテリーの代金を考えると費用対効果でまず元が取れないですよ。

コメントを残す

CAPTCHA